第九をうたう

今年は、6月頃からベートヴェンの「第九」を歌っている。

第九を歌う市民合唱団に入って、舞台に立つのは中学生以来だ。
あの頃はドイツ語もよくわからなかったし、テノールパートといっても音がかなり高く、変声期の少年にはなかなか苦しかったものだ。ただ歌を歌いたい、第九を歌ってみたいという好奇心にまかせて歌っていたが、舞台に立った時の昂揚感は、いまでも鮮明に憶えている。

あれから20年余り経って、今年の春頃、「そうだ、第九歌おう!」とばかりに思いたち、いくつかの合唱団をサイトで見て、あまりいろいろ調査せずに、ある市民合唱団に飛び込んだ。

初回の練習会に行ってみると、男声参加者は人生の先輩方ばかりで(平均年齢は70歳を超えているかもしれない)、私と同年代、あるいはそれ以下の人は皆目見当たらず、私がおそらく男声最年少だろうという状況で、正直なところ、果たして最後まで練習に参加できるだろうか??と不安を感じなかったわけではなかった。それでもなんとかかんとか、明日(というかもう今日だ!)、本番というところまで来た。

まあ確かに、私は自分が若輩者ゆえ、周囲からなんだか浮いている感じがしているけれど、それでも、歌を歌えるのは楽しいし、いつも練習が終わると、自分自身が蘇る感じがして心地良かった。この心地よさのために毎週毎週(シュウマイ、シュウマイではない)、通っていた気がする。

 

さて、今回歌うのは、ベートヴェンの交響曲第9番。
ベートヴェンと聞くと、昔、小学校の音楽室に掛かっていた、こんな絵を思い出したり、

p2240463

♪ジャジャジャジャーン♪という第五交響曲(いわゆる「運命」交響曲)の冒頭を思い出したりして、重く、暗い、悲愴的な作曲家だという印象があるかもしれない。

けれども、第九を歌いながら、あるいは彼の残した他の交響曲や他の作品をいろいろ聴きながら、はたまた彼に関するいくつかの著作を読んで思うのは、彼ってアツい奴で、実はとても根が明るいんじゃないか、ということだ。確かに、ベートヴェンは年をとるにつれて、ひどい難聴になったと言われているし(諸説あるが)、生活も苦難がいろいろと押し寄せてきて、決して安定したものとはいえなかったようだが、そんな中にあっても彼の精神は明るく、力強く前進するエネルギッシュな魂であったに違いないと私は思っている。その精神の迫力には、強く惹きつけられる魅力がある。

彼は、友人ヴェーゲラーに宛てた手紙の中で、こう記している。

「おお、この病気(註:難聴か)から解放されて僕は世界を抱き緊めたい!(中略)僕は運命の喉元を締めつけてやりたい。どんなことがあっても運命に打ち負かされきりになってはやらない。―おお、生命を千倍生きることはまったくすばらしい!ー寂しい生活、ー否、確かに僕は寂しく生きる性分ではない。」

また他のところでは、次のように残している。
“Durch Leiden Freude”(悩みを突き抜けて歓喜に到れ!)
(以上、出典:ロマン・ロラン『ベートヴェンの生涯』(岩波文庫))

いろいろとモゾモゾ書いてみたが、今日がコンサート本番である(え?もう?)。
ベートヴェンが世界に向かって叫んだように、私も世界に向かって、そう、ほんとうに、全世界に向かって、“alle Menschen”に届くように歌い上げたいと思っている。

Freude!!!とね。

広告

Fly to Paradise!!! [VC4]

 

”飛びたいの。そう、飛びたいの。”

そう呟いて、彼女は飛んだのである。

 

アメリカ人の作曲家Eric Whitacre氏の呼びかけで始まったVirtual Choir の第4弾(Virtual Choir4 “FLY TO PARADISE“ )が完成し、先日公開された。

 

第3弾までの作品は、まさしくChoir!!というにふさわしい荘厳な曲だったし、Virtual Choir 4(以下”VC4”とするね)も、その練習用として楽譜とともに提供された音源は、これまた荘厳な感じだったので、どんな感じになるんだろう?ソプラノソロも入るんだよね?うおーーどんな感じになるの??どきどき。。と期待していた。

 

 

そのうえ、今回わたくしオオタセイイチはテノールとバリトンで初参加したこともあって、その期待はひとしおだったのである。ちなみに、歌っている自分の姿は、まだ1箇所しか確認できておらず、もう一方はどこかの窓にちっちゃくちっちゃくなって入っているかなーーとか思っている。なにせ、歌い手は5905 名!!で、投稿されたビデオクリップは101カ国から、なんと8409個!!もあったというから、比較的大きく映っている姿が1個あれば上等なのかもしれないな。作品の動画は下をみてね。

あ、オオタセイイチを2個みつけたよ!っていう方は教えてね。1個みつけたよ!でもイイヨ。;)

 

余談だが、完成したビデオの最後に流れるクレジットの長さが尋常ではない。歌い手が6000人近くもいて、何人かは私のように複数のパートを歌っているから、8分か9分にわたって、名前だけが流れ続けるというおもしろいことになっている。本編よりもクレジットの方が長いの。。。^^;

 

 

ともあれ、そんな風に出来上がりを人知れずどきどきしながら期待していたのだが、

 

ところが!!!である。シャキーン!!

 

出来上がったYouTubeを見て、おったまげた。

 

6000人近い歌手が”fly to paradise!!”, “fly to paradise!!”と歌う声と、ビートがゴンゴン鳴るRockyな曲が一体となってものすごいパワーというかうねりになり、うおおおおおおおお!!と迫ってきたからである。うおおおおおおおおお!!!!!

 

当初、こんな うおおおおおお!!!な仕上がりになるとは誰が思ったろうか。実は私たち歌い手にも当初からは全容は明らかにされていなかった。徐々にヴェールが剥がされ、最後にどどどーーーん!と新鮮な感動とともに全貌が明かされる手法に、さすがEricだ!!(あぁ。。)と感嘆した。

 

というわけで、初めてこのビデオクリップを観る方も圧倒されると思うが、歌っている私もめっちゃ圧倒されたのである。

 

 

以下のYouTubeクリップが出来上がり作品である。

では、お届けしましょう。

Virtual Choir 4 “FLY TO PARADISE” どうぞ!!女の子の顔がちょっとこわいけど 。

フルスクリーンで見ると迫力あるよ。

 

 

 

 

さて、ロンドンでは、先日11日から14日までバッキンガム宮殿で、エリザベス女王の即位60周年記念イベントが開かれたが、11日のガラコンサートのエリックのステージの時に、このビデオが流れたようである。

その模様のクリップも見つけたので、以下ちょっと拝借。

ちなみに指揮はこの曲を作曲したEric Whitacre氏、歌っている合唱団はBach Choirという合唱団である。

また余談だが、最初に司会をしているのは、ギャレス先生でおなじみのGareth Malone氏!!(だよね?)

 

 

 

 

 

*ちなみに、わたくし、てっきりEricはアメリカ在住のイギリス人だとばかり思っていたのですが、ちょっとググってみたところ、アメリカ生まれ(ネバダ州生まれ)のようなので、上記訂正いたしました。

 

 

羊は安らかに草を食み

 

これまでブログ開設以来(移行前のものも含めてね)、
月に1回は努めて記事を書くようにしてきたんだけど、
4月、5月は1度も更新できなかったね。
ということで、3月以来の更新です。
最低、月1、これは維持したいね。
***

さきほど横断歩道で信号の変わるのを待っている時、
隣で一緒に、小さな女の子とお母さんが待っていた。
女の子がふんふんと歌っていた鼻歌を聞いて、
不意に懐かしいフレーズがフラッシュバックした。

今から十数年前、電車に乗ってどんぶらこどんぶらこ♪と
高校に通っていた時の目覚めの曲がこの曲だった。
当時、早朝にNHKで「朝のバロック」という番組をやっていて
学校に行く支度をしながら よく聴いたな。

長らく、誰のなんという曲だろうか?と思ってはきたものの、
怠惰な私の性格のこと、調べもせず、そのままになっていた。

で、気になったのでちょっと調べてみた。

すると、出てきた出てきた。
出てきた 出てきた 出てきたよ!ほぅーら、出てきた!!
( ↑ 出てこいのおじさんね♪ まだやってんのかな「おはなし出てこい」って。)

 

バッハ「羊は安らかに草を食み」(BWV208)

 

この曲!!!

 

Youtubeで検索掛けたらいくつか出てきたんだけど、
どうもこの曲、もともとはカンタータとして作られたようだから、
Bach先生としては、「朝のバロック」の時のような
器楽曲というよりは、以下のような声楽曲として残したんだね。

iTunesでも、いろんな録音が引っ掛かってきたよ。

 

【曲の情報】

作曲:J.S.Bach
ドイツ語題:Schafe können sicher weiden (BWV208)
日本語題:羊は安らかに草を食み (BWV208)
英語題:Sheep may safely graze (BWV 208)

Amazonで曲を買う。

Amazonで1曲から曲が買えるって知ってました?
え?そんなん常識って?
わたくし、最近知ったんです。

お!Amazonで曲売ってるやん!って。
わたくし、最近知ったんです。

しかも、iTunesストアに無い曲だったり、
有っても
「アルバム買わねーと、この曲売らねーよ!」
みたいなのも、1曲から買えるんです。
わたくし、最近知ったんです。

さらに、iTunesストアは1曲150円からだけど、
Amazonだと1曲100円から買えるのです。
わたくし、最近知ったんです。

Amazonすげーよ!!

ってことになるんだけど、
しかし、サウンド(…それは音楽の命…)は
iTunesストアで買ったものの方がいいような気がします。
検証したわけではなく、気がするだけですが。

それに、Amazonは検索すると何故か
「何とかKaraoke」みたいな
よくわけのわからん曲もいっぱい出てきます。
karaokeとかオルゴールとかはiTunesストアでも
出てくるけど、Amazonだと自分が検索してた
アーティストがわかんなくなるくらい、
karaokeなどに席巻されます。
ツートントン・ツートントン・・・SOS、SOS・・・
あっ、、、ぶくぶくぶく。。。
わたくし、最近知ったんです。

ということで、
両者一長一短の様相でございます。
だったら両者を適宜使い分ければいいんじゃね?
わたくし、最近気づいたんです。

 

 

【秋の夜長にこんな1曲】Hermeto Pascoal “Feira de Asakusa”

 

私の好きなミュージシャンの一人に、ブラジルの
エルメート・パスコアール(Hermeto Pascoal)がいる。

 

先日、ラジオを聴いていたら、
彼の曲「Feira de Asakusa (Asakusa Market)」がかかっていた。
そうそう、これおもしろい曲だよね。
ということで紹介してみる。

 

曲全体は1分半くらいだが、
最初オジサンが叩き売りをしていて、
「なんだこれ?」と思うかもしれない。
それでも気にせず、最後まで聴いてみよう。

 

(You Tubeより転載)

 

こういう音楽の感覚、私は好きだ。
秋の夜長にずーーっと本を読むなどしていて、
ふっと一息入れたとき、この曲で気分転換に
「ふふふっ」と笑うのもいいかもしれない。
ちなみにこの曲、iTunesでも買えるよ。
(iTunesの方が音がいいかな)

 

***

 

パスコアールさんの音楽ということで、
もうひとつ動画をつけてみる。
(You Tubeにいくつか動画がアップされている。
ちなみに、白い髭の人がパスコアールさん)

 

 

彼の音楽の感覚にはほんとうに感嘆する。