ぐるぐるしながら ―しりあがり寿氏『回転展』―

先日まで、県内の美術館で開催していた、しりあがり寿さんの「回転展」を観に行った記録である。

***

ずっと観たい観たいとは思いながら、なかなか行けないなー。いつ行こういつ行こうかなーと思っていて、日にちが過ぎていた。ある午後、なんとなくウェブを見ていたら、その日はなーんと夜間開館で20:00まで美術館が開いていた!!

もうじき会期が終わってしまう!!これは行かぬテはなかろうと、即断即決で行くことに決めて家を飛び出した。

***

さて。
前情報ではいろんなものが回っているよーと聴いてはいたが、実はわたくし、あまりしりあがりさんの作品ってよく存じ上げなかったので、イマイチイメージが掴めなかった。

しかし、会場に入って、漫画の原画などに圧倒されて、2階の展示室に入った途端、いろんなものが、たしかに、そう、確かに、回転していたのである。ぐるぐる。ぐるぐる。

回転している間だけが芸術というヤカンのまわりをぐるぐるしながら、やかんが回転しているのか、はたまたわたしが回転しているのかわからなくなるという、やや倒錯的な状況に陥ってみたり、身近な日常品たちがぐるぐるしている白い部屋の真ん中で、ひとりぐるぐるしているうちに、わたしも小物たちの一部に同化していくようなトランスな感覚になったりして、なんだか哲学的な気分になってきてひとり楽しくなってきたのである。

img_1876

考えてみれば、私たちの地球もぐるぐるしているから、風が吹いたり、四季の変化が起こったり、社会が動いたりしている。地球が自転をやめ、公転をやめてしまったら、私たちは生きていけないのかどうかはわからないけれど(小学生の頃、「地球が止まったら、おれたち死ぬねんぞ―」などと言っていた記憶があるんだけど。)、少なくとも、現在のような環境ではいられないのだろう。もっとも地球が自転しなかったら、昼夜はなくなるよね。日本もずっと昼間か、ずっと夜になっちゃうね。そうだとすると、ぐるぐるするということは、私たちにとって根源的に重要な営みだということになりそうである。したがって、血液氏がわたしたちの体の中をぐるぐるしてくれているから、私たちが生きていられるなどということを敢えて出すまでもなく、お抹茶の横で羊羹がぐるぐるするのも、えびふりゃーがぐるぐるするのも、床の間の軸がぐるぐるするのも、宇宙にとって重要な営みなのだろう。

img_1880

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

そんなことを考えながら、へえ、“いもかわうどん”なんて初めて聞いたななどと思いながら障子漫画を見ていたら、はーい!閉館ー!!という時間になったので、歩いても歩いても距離の変わらぬ透き通った三日月と一緒に、夜寒の風に吹かれて(blowin’ in the wind)駅へと足を早めたのであった。

この展覧会、このあとどこかに巡回するとのこと。もう一回見に行こうかな♪

*回転する羊羹の動画はこのブログに付けられないようなので(無料版では動画が付けられないっぽい)、twitterか何かに載せることにしましょうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中