響きあうことば

 

前回の更新から、もう随分とブランクが空いてしまったが、気付いてみると既に2014年の声を聞いて1ヶ月が経っている。平成もはや26年目に突入したらしい。この期に及んで、あけまして!も些か変だけれどーいや、陰暦のお正月を迎えたので、それに合わせて敢えて、あけまして!もいいかもしれないー今年もまた、遅々として進まぬ本ブログの更新をちょこっとずつやっていこうと思っている。気長におつきあい頂ければ、幸いである。今年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

***

 

さて。

 

私たちは大きな流れに押し流されながら生きている。

 

最近そんなことを考えている。

1年、1ヶ月、1週間・・・という時間は最近特に早く、あっという間に時が流れてゆくと感じることしばしばで、「時」の流れに押し流されるということも感じるが、同時に流されている感の募るものが「情報」である。どっどどどどうど、どどうどどどう♪

 

「情報に流されてはいけない」とか「情報に支配されるのではなく、情報を選択・制御しよう」などといった言葉たちは既に使い古され、いわゆる「メディアリテラシー」という言葉なども耳に胼胝ができるほどに浸透した。しかしながら、そうした言葉を知っていても、あるいはいくらか意識的に情報を制御しようと試みても、広大なる海の中でなお押し流されている感が否めないというのは正直なところである。沖から寄せる荒波に揉まれ、剥がれかかりながらも辛うじて岩にしがみついているワカメのようなものである。

 

そんなワカメが、大量に、そして凄まじい速度で轟々と流れ去る情報の波に抗いながら、目の前を行き過ぐ、きらりと光る魚たちを記録しておこうと思ったのである。これは、ワカメの、ワカメのための記録であり、密かなる抵抗である。魚たちは主に、世界に溢れることばたちである。私が誰かとコーヒーの湯気の中で話しているとき、その誰かが語ったことば、セミナーなどに出た時に、そこで出てきたことば、テレビやラジオやインターネットで誰かが語ったことば、読んだ本の中で著者が語ったことば、映画の中の台詞、そして誰かが雑踏の中で呟いたひとりごと。

 

そんなことばたちを少しでもブックマークし、記録しておこうとtwitterで【響きあうことば】という連載を始めることにした。これまで私が気になっていくつかブックマークしたことばたちを考えると、出典も発話者も、まして時代も別々であるのに、あたかも通奏低音のように、現代を取り巻きながら響きあっている気がする。そんな感覚がこの題名にさせたように思う。

時、折しも新年であるし、新企画を始めるには良い頃である。

 

これを始めるにあたって、いくつかルールを考へた。

まったく不定期に、まったくきまぐれに更新すること、出典のあるものはできるだけそれを明らかにすること、特に日本語には限らないこと、などである。

 

まったくの思いつき企画であり、まったくキマグレンに始めてみることにする。だから、「唯、憤懣(ふんもん)の逸気を写せり。誰か他家(たか)の披覧を望まむ」(空海『三教指帰』序) ものである。

投稿などは私のtwitterにて。

 

と、こんなことを本当はtwitterで書きたかったのだけれど(ブログとtwitterで分離しちゃうと意味がよくわからなくなるからね)、ある程度の文章量にもなったし、およそ140文字では収まらないので、こちらに書くことにした。

さてこのひそかな試みはどうなるのであろうか。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中