息苦しさについて。

わたしは得体の知れぬ息苦しさを感じていた。
その息苦しさはひたひたと音もなくわたしを覆って来た。
呼吸困難になるのではないかとさえ思われた。

Facebookに施されたログイン時間の新機能が、
そんな息苦しさを引き起こしていた。
先日、iPadやiPhoneのfacebookアプリをアップデートしたところ、
友達としてリンクしている友人の写真の隣に「30分前」
「1日前」などという表示があらわれるようになった。
はっきりと検証したわけではないが、おそらく

「○○さんは30分前にログインしていました」

という意味なのだろう。

それは、ユーザーの利便性やコミュニケーションを
向上させるといったメリットをもつ機能なのかもしれない。
しかし他方で、常に得体の知れない「何か」に監視されている感覚、
縛られている感覚をもたらすものでもある。この自由でない感覚、
これが冒頭の息苦しさの原因なのだろう。

かつてFacebookは、このような機能は付いていなかった。
それはシステムの未成熟というよりはむしろ、
ユーザーの自由度がより確保されたものであったとして
評価することはできないか。
わたしは以前の、ユーザーに対する「勝手にしやがれ」感が、好感が持てたのにな。

便利であることは、時として窮屈である。

この矛盾は、SNSの負う宿命であろうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中