希少価値。

先日のこと。
年末のこと。
諸々の幼児を、もとい用事をバサラバサラと片付け、
Apple storeに駆け込んだ。

またしても愛機mac bookの調子が悪いのだ。
暫く前からカーネルパニックが頻発しているのは、
既にご存知だろうが、
今度はメモリを認識しなくなったのである。

アクティビティモニタの円グラフの下を見て、
メモリ:1.00G
となっていたので、うおー!!(汗)と
やむなくapple storeに駆け込んだ由。
ちなみに私のmac book(black)は、
2006年版の御老人(でも勤労老人)で、
2Gが上限(!)というなかなか長寿のおじいちゃんである
(おばあちゃんかもしれない)。
メモリはmax積んでいる。

私の使用するアプリや作業環境を考えると、
1Gではとても持たない。

***

genius barのお兄さんは暮れの忙しい中、
丁寧に根気よくこのヨボヨボ勤労老人の
身体検査をしてくれた。
しかし、如何せん足腰も危ういヨボヨボだから
背負った荷物が重いせいか、一歩一歩歩くにも
いやいや1個1個を処理するにも
時間がメチャメチャかかる。

私はお兄さんに持ちかけた。
「もうこの御老人、そろそろでしょうかね?
修理で済ませられるでしょうかね?」

すると、genius barのお兄さんは、
「完全に修理するとなると
修理代がかなりかかりますからね。
今後また少しずつ劣化していくことを
考えると毎度毎度、修理費がかさむので、
修理は考えたほうがいいですね。
でもこの黒いバージョンはレア物ですから、
潰してしまうのはもったいないですよ!
ネット通販でもこの手のものは
かなりの高額がついていますよ!」
と話してくれた。

そうか!このPC、レアなのか。
確かに、この黒のmacbookのシリーズ以降、
黒いモデルは出ていないよね。
macbook proもmacbook airも
シルバーのカバーばかりで、
これ以外のカラーバリエーションでは
mac bookのホワイトが出ているくらいだよね。

レア物になっているとわかって、
またbarのお兄さんと少し相談をしてみて、
御老人を早々に冥途に送ってしまうのも心残りなので
もう1台新しい子を導入し、御老人を何とか生かして
高齢化に拍車をかけながら、
メインの作業は新しい子に任せる方法を考えている。

となると、
新しい子はmacbook proかなあ。
iMacかなあ。

はて、どうしよっか。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中