香炉のフタの脂を取る方法。

私の部屋には香炉がありまして。
よく香を焚くんですね。
坐禅している時や部屋にいる時などに
よくお香をくゆらせています。

でも、よくアジアンショップで売っているような
線香(インセンス)はほとんど焚いたことがありません。
もっぱらjapaneskなお香や線香
ー例えば沈香とか、伽羅とか、白檀とかね、
あ、炭団に火を入れて十種香(焼香)、というのもあるかなー
ま、そういうのが多いですね。
ただ、伽羅は高価なのでもったいなくて
これはまたあまり焚けません。
ということで、相対的に沈香が多くなる由。

さてさて、そういうふうにお香を焚いていると
いつしか香炉のフタなんかに脂(ヤニ)が着くわけです。
私も「フタ、きれいにしなきゃな」と思いながら
しばらく見て見ぬふりをしてきたのですが、
あまりに汚いので、つい先程突然思い立って
フタの掃除をしてみました。
(真夜中なのに。。。)

 

《before》

ヤニがべっとり着いて固まってしまっています。
綿ボコリも付着して汚れています。

【掃除方法】
さて、掃除方法ですが、実は超簡単。
ヤニがべっとり固まっているので、
何か洗剤か化学的にヤニを溶かす液体で掃除する
必要があるのかな?と私も思ったのですが、
何のことはない。

(1)熱めのお湯で洗う。

これだけです。
古い歯ブラシなどで少しこすってやりながら
水道で熱いお湯を掛けながら磨くか、
盥なんかにお湯を張って磨けばOK。

さらに
(2)味噌を付けて洗うと良く取れる

という情報を得たので、やってみたところ、
なるほどよく取れる気がします。

 

で、
《after》

ね?
きれいになったでしょ?

昔、『しらないとそん』っていう本があったけど、
「香炉のフタのヤニを取るには、熱いお湯と味噌で磨く」
なんていう項目はなかった気がするな。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中